Loading

湯沢で泊まる

Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる

Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--日帰り温泉ガイド


Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--ペット同伴可能な宿泊施設

Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--小町美人七湯 ゆざわの七つの温泉宿泊地
Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--秋の宮温泉郷

癒し小町の湯
奈良時代に発見されたと伝えられている秋田県内最古の温泉郷です。
栗駒国定公園西麓部に十数軒の温泉宿がひっそりとした佇まいを見せ、
温泉郷を流れる役内川(やくないがわ)のせせらぎが響きます。
清らかで、その風光明媚な景観は武者小路実篤などの文人にも愛されました。 
各温泉宿がそれぞれひとつの源泉を持っている極めて贅沢な温泉郷です。


Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--小安峡温泉

子宝小町の湯
片足に怪我を負った鶴が湯につかって傷を癒している様子を見た山賊が、
自分も入ってみたことから温泉が発見されとも伝えられている温泉です。
その後も、猟師たちによって効能あらたかな湯が湧くと語り伝えられていた古湯で、本格的な開湯は江戸初期と言われています。現在「大噴湯」(だいふんとう)をはじめ、4つの源泉から2種類の異なった泉質の湯が沸いています。


Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--奥小安・大湯温泉

秘湯小町の湯
栗駒山の西麓、皆瀬川最上流の山間に噴煙を上げるのが奥小安・大湯温泉です。
開湯は文化年間(1804~1817)と言われ、昔ながらの佇まいも残す、自然景観そのままの温泉郷です。自噴のアルカリ性源泉100%の2つの温泉があります。


Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--泥湯温泉

隠れ小町の湯
開湯は1200年前とされ、江戸時代には平楽泉と呼ばれていた歴史ある湯治場です。
温泉の色が、泥水のような色の濁り湯であったことから温泉名も泥湯(どろゆ)となりました。病に苦しむ少女が温泉に浸かりたくてもお湯が透明だったため恥ずかしがっていたところ、天狗が現れて白く濁してくれたという天狗伝説もあります。


Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--木地山高原温泉

深山小町の湯
大自然に抱かれた木地山高原に湧き出る、無色透明かつ無味無臭で肌なじみの良い温泉です。 「木地山こけし」で有名な小椋久太郎氏の祖先らの木地師が、平安時代からこの地に住みつき、木地山と呼ばれるようになりました。
※ 現在休業中となっております。


Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--湯の原温泉・ゆざわ温泉

麗し小町の湯
後三年の役に敗れた7人の侍がぬるま湯の小さな池を発見したことに始まると伝えられる温泉です。神様のお告げを受けて、寺社を設け稲荷を祀り、この地を湯ノ原と呼び合いました。その後、湯ノ原の西南方の松沢と併合して湯沢と呼ぶようになりました。

Webの駅ゆざわ--秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)--湯沢で泊まる--湯ノ沢温泉・横堀温泉

美肌小町の湯
横堀温泉には、六歌仙・三十六歌仙に名を残した美人で知られる平安の歌人小野小町を偲び祀る小町堂の近くにあります。
湯ノ沢温泉には、後三年の役からの帰途、源義家がこの場に傷兵を休ませたとの伝承が残っており、最近では「アトピー性皮膚炎」の治癒にも効果があると温泉と県外から大勢のお客様が訪れています。


Webの駅ゆざわのトップへGO!